別荘を購入

ライフラインなどが、通常の住宅があるエリアと異なることも多いので、確認しておくのが賢明です。

別荘地と呼ばれるエリアで不動産の購入を考える際には、ライフラインの仕組みや管理体制などを事前に確認しておくと良いでしょう。 電気やガスなどは比較的通常の住宅街と変わらないのですが、水道については、公営水道でなく、居住者が自主的に運営している私営水道の場合もあります。後者の場合、従量制であったり、一定量までは定額だったりと別荘地により異なります。 また、インターネットやスマホも最近では生活に必要なインフラとなってきていますが、別荘地の不動産を購入する場合には、電波の面などを確認しておくと良いでしょう。

別荘地で不動産を購入する場合に知っておくと良いことが幾つかあります。

別荘地の不動産を購入する場合には、管理別荘地内の不動産なのか、管理別荘地外の不動産を購入するのかをまず決めておくことをお勧めします。 定住に近い形で居住する場合には、後者の方が自由度も高く、管理費用が掛からないというメリットがあります。他方、たまに別荘として使うという場合は、長い間家を空けることになりますので、管理別荘地内ですと安心です。 また、温泉を強みにしている別荘地もあり、そういった別荘地で不動産を購入する場合には、温泉の利用に関しての期間や利用料を確認しておくと良いでしょう。 次に、既に居住用の住宅を別に持っていて、住宅ローンを借りている場合には、金利が安めのローンを使いにくいことがあります。また、別荘として利用する場合には税制などでの各種のメリットが使えない場合もあります。したがって、入念な資金計画をして購入すると後々の満足度が高まる場合が多くなります。